桑高農園(吉田町)ーレタスを中心とした、こだわりの多品目栽培

「農園を”シェフのテーマパーク”にしたいんです。」

そう話してくださったのは、吉田町にある桑高農園の桑高史之さんです。

桑高農園は、吉田町で野菜を作り続けて50年。
園主である桑高茂夫さんを中心に、ご家族で農園を営んでいます。

今回は、ご両親とともに生産に携わる史之さんのお話をもとに、桑高農園の魅力に迫ります。

桑高農園の特色

桑高農園(吉田町)

桑高農園(吉田町)

桑高農園は、レタスを中心にしながら、珍しい西洋野菜なども育てる多品目農業を手がけています。
現在では吉田町の特産品として有名なレタスですが、桑高農園では50年前からレタス生産に携わり、その基礎を築いてきた農家さんなのです。

珍しい野菜を数多く栽培しているため、頼りにしているシェフは県内外に多いそう。
そんな桑高農園の特色をくわしく見てみましょう。

季節によって異なる、さまざまな野菜を栽培

桑高農園では、レタス、トウモロコシ、米を主品目とし、年間60~70種類もの野菜を作っています。
栽培するのはキャベツ、大根、たまねぎなどの一般的な野菜から、フェンネル、黒キャベツ、スイスチャードといった珍しい野菜までさまざま。
季節によって変わる旬の野菜を楽しむことができます。

今回は11月にお邪魔したので、レタス、キャベツ、大根、ブロッコリーなどが育っていました。

ユーゴスラビアンレッド(レタス)

ユーゴスラビアンレッド(レタス)

ブラックローズ(レタス)

ブラックローズ(レタス)

黒キャベツ

黒キャベツ

ビタミン大根

ビタミン大根を収穫する史之さん

珍しい品目が多く、見ているだけでも楽しくなりますね。
レタス、カブなどを試食させていただきましたが、どれも驚くほど甘くて美味しかったです。

「美味しさと驚きを届けたい」―桑高農園のこだわり

桑高農園では、自信をもって野菜を届けることができるよう、日々研究を重ねているそうです。
目指すところは苦みの少ない、すっきりとした野菜
ミネラルバランスの良い土づくりを行ない、農薬もできる限り減らして栽培しています。

希少な野菜への挑戦も熱心で、「新しい野菜はないか?」と迫る園主の追求には、種苗業者もタジタジになるほどだとか!

フェンネル(ういきょう)

フェンネル(ういきょう)

スイスチャード

スイスチャード

「興味をもってくれたレストランのシェフには、実際に圃場(ほじょう)に来てもらうようにしてるんです。」

そう語る史之さんの表情には、こだわりの野菜に対する確かな自信がうかがえました。
なかには、定期的に圃場を訪れ、自ら野菜を選んで収穫していくシェフもいるそう。

まさに、「シェフのテーマパーク」といえる、素敵な農園ですね。
ちなみに、事前に連絡すれば、一般の方でも圃場を案内してくださるそうですよ!

桑高農園の野菜を買うには

桑高農園の野菜は、業者・お店だけでなく個人でも買うことができます。

直接連絡して注文する

桑高農園の野菜は、フェイスブック、インスタグラム、メールを通して注文できます。
(電話の場合はお昼の時間にお願いしたいとのこと。)
欲しい野菜を指定することもできますが、金額を指定して内容をまかせることも可能です。

「3,000円でおまかせでお願いします!」などと、気軽に注文できるのは嬉しいですね。

直接受け取りに行く方法のほか、別途送料を支払えば配送も可能。
どの野菜も驚くほど美味しいですよ。

無人販売所での直売

桑高農園では、無人販売も行なっています。
採れたての野菜をお得に買える無人販売は、とても助かりますね。

品物が並ぶ時間は日によって変わります。
レタスやトウモロコシはもちろん、珍しい野菜が並ぶこともあるので、定期的にチェックしたいところ。

無人販売所についての情報は以下の記事をご覧ください。

ふるさと納税の返礼品として

桑高農園は、吉田町のふるさと納税に参加しています。
季節によって変わる野菜のセットはとても魅力的です。
(収穫状況により取扱いが休止する場合があります。)


WEBでふるさと納税!さとふる

桑高さんの野菜、使ってみました!

譲っていただいた野菜を使ってみました。

塩ゆでプチヴェールとブラックローズ

塩ゆでプチヴェールとブラックローズ

まずは、塩ゆでプチヴェールとブラックローズ(リーフレタス)のシンプルサラダです。
プチヴェールとは、芽キャベツとケールをかけ合わせた品種。
ほんのりとした甘みがあり、適度な歯ごたえを楽しむことができます。

史之さんも、「プチヴェールは茹でてマヨネーズを付けるのが一番おいしい」とイチオシしていました。

次は、黒キャベツを使ったミネストローネです。

黒キャベツの彩りミネストローネ

黒キャベツの彩りミネストローネ

黒キャベツは、オリーブオイルで炒めてからミネストローネスープに入れてひと煮立ちさせました。
シャキッとした歯ごたえを残し、甘みを感じる黒キャベツは、味にも見た目にも良いアクセント。

生食でも使え、煮込んでも崩れにくい黒キャベツは、さまざまな料理に重宝しそうです。

農園情報

名称桑高農園
所在地〒421-0305 静岡県榛原郡吉田町大幡1855番地の2
電話番号
FAX番号
0548-32-1846
E-mailfkuwa52@gmail.com
フェイスブックhttps://www.facebook.com/kuwatakanouen/
インスタグラムhttps://www.instagram.com/kuwatakanouen/
おもな生産品目レタス、トウモロコシ、水稲
その他、年間60~70種類の野菜

 

関連記事

  1. 農家カフェ そらべじ

    あおぞらファーム&農家カフェ「そらべじ」(吉田町)―自家野菜を使った大満足ランチ

  2. 大石農園のトルコキキョウハウス

    大石農園(吉田町)―米、レタス、トルコキキョウの兼業で第一線を行く

  3. なかじま自然薯園

    なかじま自然薯園(牧之原市)―静岡の在来原種を守り続けて