クセになる大人の味!ニンジンの葉を使った料理に挑戦してみました

カンパーニュ

こんにちわ!Farmer’s Clip料理担当のこみみです!
このところ本格的に肌寒くなってきましたね、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

先日、吉田町神戸にある「あおぞらファーム」さんのInstagramを拝見していたところ、
無人販売に『ニンジンの葉 無料です』と書かれた写真が。
そこには青々とした新鮮なニンジンの葉っぱがたっぷり(*‘∀‘)
無料という言葉に弱いわたしは、ニンジンの葉を使ったこともないのにすぐさま無人販売所に直行しました!(笑)
初めて間近で見るニンジンの葉は、さわやかな香りと鮮やかな緑色がとても美味しそうでした。
ちぎって食べてみると、まるで春菊のようなほろ苦い味わい。

ニンジンの葉

そして、使い方はノープランのまま大量のニンジンの葉を手に入れてしまったわたしは、
ニンジンの葉を使ったレシピをネットで検索してみました。
春菊のような見た目と味から、和食に使用するレシピが多く見受けられました。
そんな中、異彩を放っていたレシピが「ジェノベーゼ風ソース」!!!
ジェノベーゼソースとはイタリアンでよく使われる、バジルとにんにくなどをペースト状にした、あの香り高いソースです。
うーん、、確かに合いそう?!いや、どうかな…
不安と期待で葛藤しましたが、トライしてみることにしました!

茎を取り除き、オリーブオイルとにんにく、粉チーズ、くるみ、ブラックペッパーとともにブレンダーをガーッと回してペーストにします。
すると見た目はまさにジェノベーゼソース。
鮮やかな緑色で、食欲がそそられます♪

ジェノベーゼ

まずは里芋とじゃがいも、炒めた玉ねぎとベーコンを混ぜて揚げたコロッケと合わせてみました。

コロッケ

バジルを使ったものよりも香りは強くないですが、独特のさわやかな香りがアクセントになっておいしい!
にんにくとチーズ、くるみでコクも出ているのでコロッケとの相性もいい感じです。

次は、自家製のカンパーニュに塗ってみました。

カンパーニュ

カンパーニュはフランスパンと同じような作り方をするので、皮はパリパリ&中はふわモチな食感に焼き上がります。
ソースを塗ったカンパーニュにチーズをのせて、バーナーで炙ってブラックペッパーをかけました。

カンパーニュ

クセになるソースとまったりしたチーズが、カンパーニュのパリパリ感と合います。
ニンジン葉のジェノベーゼ風ソースはバジルの本家ソースとは風味が違いますが、
クセになる大人な香りと味で、わたしの中では合格点でした!

そして今度は、王道のふりかけにトライしてみました。

ふりかけ

刻んで少量のサラダ油で炒めて水分を飛ばしたあと、かつおぶしと醤油、風味づけでゴマ油をひとたらし。
ほろ苦くてさわやかで、かつおぶしの旨みとゴマ油の香りも効いて、これは間違いないですね。
やはり和風のものとの相性がぴったりです♪

初めてのニンジンの葉は、さわやかな大人の味でした。
またいろいろなお料理に試してみたいです(*^_^*)

関連記事

  1. 祝蕾

    春告げ野菜「祝蕾(しゅくらい)」の食べ方って?天ぷらなど3品ご紹介!

  2. タルト

    まろやかな酸味と甘み!マイヤーレモンの魅力を味わってみました

  3. 農家カフェ「そらべじ」

    農家カフェ「そらべじ」さん(吉田町)、カフェタイムもおすすめです!

  4. カボチャのたね 野菜

    「カボチャのたね」さんの採れたて春キャベツを回鍋肉にしてみました

  5. ほうせん館11周年祭

    ほうせん館(牧之原市)の「11周年祭」に行ってきました

  6. お茶プリン

    お茶どころの醍醐味!?茶葉を天ぷらやスイーツにして味わい尽くす